Home > Ethereumハッカソンfor インバウンド

ブログ

Ethereumハッカソンfor インバウンド

Ethereumハッカソンfor インバウンドへNinjaも参戦!!

Blockchain EXE x ConsenSys共催

開催日時 :2018/7/20 – 2018/7/22

今回はEthereumとUportの2つの技術を使ってインバウンド関係のサービス開発がテーマ!

私達は旅行先で病気やケガをしてしまった際に旅先で使える自分の医療データに注目しました。

私達は以下の3点を軸に「分散型お薬手帳」とネーミングをしたサービスをプレゼンをさせて頂きました。

・Uportの本質的な価値の活用方法

・今までの自身の医療カルテを自身のモノとしてデータを取り戻すこと

・旅先での言語にしておくための分散型の翻訳サービス設計

 

今回のハッカソンはアイデア出しから開発に至るまで全てのチームレベルが高くてとても驚きました!

そして全体の熱気がとても高いことがとても印象的でした。

しかしながら、

なんやかんやでハッカソンの2日間はあっという間に過ぎてしまいます。

最終日の夕方、ついにプレゼンテーションの時間。

Teburaチームも念入りに最終の打ち合わせをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンテーションもとても皆さん個性的で、コント仕立てみたいなものもありました。笑

動画取っておけば良かった…載せさせてもらえるかはわかりませんが…。

動画は残念ながらTeburaチームのものしかありませんが、どのようなサービス、ビジネスモデルを描いたのか是非、ご視聴ください。

申し訳ありませんが光の反射によってスクリーンが映らず移動の際に画面揺れがあります。

 

審査の結果、残念ながらTeburaはグランプリに輝くことはできませんでした。

ビジネスプラン的には大きな魅力を秘めていたと感じますがね!(負け惜しみ)

しかし、他のチームのビジネスアイデアやシステムも確かに素晴らしいものが多く、学ばせていただく所も多くありました。

Ninjaの高木も多くの発見と学びがあったことに感激しており、終始メモをとっていました。

業界を代表する企業の方々がこのような、有意義な場所、機会、時を設けてくれることは本当にありがたいことだと感じます。

スタートアップ企業や起業家、企業に勤めているエンジニア、様々な環境の人間が創意工夫を掛け合わせることで新しいアイデアの創出や業界全体にインパクトを与えてくれるんだろうなと感じました。

あらためてBlockchain EXE、ConsenSysの皆様をはじめ協賛いただいた全ての企業様や審査員、スタッフの皆様、誠にありがとうございました!

残念な結果となってしまいましたがこれを糧にNinjaCoinは次へ進んでいきます!!

 

 

Related Post / 関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です